2018年03月23日

自己破産申請までは裁判への持ち込みなどといった法の要請は承認されます。

自己破産申請までは裁判への持ち込みなどといった法の要請は承認されます。

とくに作業に進んで以降、無駄な手数が費やされてしまった場合では訴えられる危険性が上がります。

債権人サイドにとっては未納分の清算もされないままそれでいて自己破産といった法律上の手続きもなされないといった状態であると企業内部で終了処理をすることができなくなります。

言ってしまえば裁判の結果どんなふうな決定が与えられるにせよ破産手続きの当人に借金を返す資金はないです。

取り立て屋もそのことは理解の上で提訴という無茶なやり方で、思惑通り和解にし返金させるなり借金者の家族や血族に返金させることを想定している際もありえます。

※平成17年からに改正の新しい破産に関する法律のもとでは自己破産申請をしたならば差し押さえのような法に基づく要請に関しては効果を失うこととなります。

そうなると、従来の破産法の際とは異なって裁判提起などをしようと無効になる見込みが高いということになり、本当に裁判をしてくる取り立て企業はほとんど消滅すると予想されます。

そういう文脈でも2005年の1月1日の改正で自己破産は従前と比べて申請しやすくなったといえるでしょう。

支払督促のときについてですが、支払督促と呼ばれているのは法が借金人に対し完済をしなさいという督促です。

オーソドックスな審理をするケースとは違い、債権者の一人よがりな主張だけを聞きつつ行われていくためオーソドックスな審議のように裁判料金が高くならないので、取り立て企業がよく採用する法的な手法です。

裁判所に対しての督促の申し立てがなされると裁判所によった手紙が配達されることになり通知が来てから2週間経った場合、業者は借金者の資産(給与債権も対象とする)に対する差押え要請が可能になるということです。

支払督促に対し異議の申し立てを送ることができれば一般の審議に移っていくことになると思われます。

※普通の裁判は時間がかかりがちなものですから免責までには判決が分からない予測が濃厚になることに注意です。

This RSS feed URL is deprecated より引用

This RSS feed URL is deprecated, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news(続きを読む)

引用元:This RSS feed URL is deprecated


posted by 清原 at 17:19| 任意整理

2018年03月15日

個人が破産を手続きするまでは債務者その人に直接の電話による借金徴収と、負債のある

個人が破産を手続きするまでは債務者その人に直接の電話による借金徴収と、負債のあるその人の住居への直接訪問によった徴収は法律違反でないということなのです。

さらに、自己破産の書類手続きに入ってから申し立てまでに手数がかかる場合には無作法な返済要求をする危険が上昇します。

債権保持人側にとっては負債の清算もされないで、それでいて自己破産のような正式な対処もされないといった状況であると組織内部で終了処理を行うことが不可能になるからです。

そして、債権保有人の一部は専門の人間に依頼していないと知るとなかなか強硬な集金行為をやってくる債権者もいるようです。

司法書士団体あるいは弁護士団体に頼んだときには、各々の債権者は負債者に対する直接集金を続行することができなくなるのです。

要請を伝えられた司法書士法人それか弁護士法人は要請を受けたという意味の文書を各取り立て企業に送付することになり、各権利者がその通達を受け取った時点から取り立て屋からの過激な集金から自由になることとなります。

ところで、業者が勤務先や本籍地へ訪れての集金は借金に関する法律の規程で許されていません。

登録が確認できる企業であれば勤め先や故郷へ行っての収金は貸金に関する法律に抵触しているのを把握しているので、伝えてしまえば違法な返済請求をやり続けることはないでしょう。

自己破産に関する手続き後は申請人に向けた返済要求を対象内として、全種類の返済請求行為は認められなくなりますので取立人からの支払い請求行為がすべて音沙汰なくなるということになります。

けれども、禁止と分かっていて電話してくる取り立て企業も存在しないとは言い切れません。

事業として登録されている企業であれば破産に関する申請後の取り立てがガイドに違反するのを知っているので、違法であると伝達すれば、そういう収金を続けることはないと言えます。

とはいえども、ブラック金融と言われる登録していない業者についてはこの限りとはならず法律無視の返済請求のせいで被害事例が減らないのが現状です。

違法金融が取り立て業者の中に存在する場合にはどんな理由があれ弁護士事務所や司法書士などの専門屋に助力を求めるようにした方がいいと思います。

作家・編集者 末井昭(1) 母がダイナマイトで… - 産経ニュース より引用

産経ニュース作家・編集者 末井昭(1) 母がダイナマイトで…産経ニュースお金の問題で自殺する人は、まじめな人です。僕は、バブルの頃に大もうけしようと投機目的の不動産に手を出しました。でも、買ったときがピーク。バブルは崩壊し、最大3億7千万円の借金を背負いました。売りに出しても購入時の3分の1以下の値しか付かない。2億円以上の借金が残りました。 その頃は、借金をギャンブ ...…(続きを読む)

引用元:作家・編集者 末井昭(1) 母がダイナマイトで… - 産経ニュース


posted by 清原 at 17:35| 任意整理

2018年03月01日

自己破産の申告は端的に定義すると借金返済が不可能になったという判定を受けたときに

自己破産の申告は端的に定義すると借金返済が不可能になったという判定を受けたときに借り手が持っている一切の私財(生きていく上でぎりぎり必須なものは保有を許可されている)を没収される一方で一切の借入金が免除となります。

破産宣告を実行した後労働の対価として得た給与や新規に手にしたお金を負債に使ってしまう必要、強制力はなく借入者の再生を目指すために整えられた法制度といえます。

債務返済問題を負う方々が常々背負っている不安には自己破産を実際に行うことへの漠然とした不安があると考えられます。

会社の人間に噂が伝わり生活に良くない影響をこうむるのではというように不安に思う人がきわめて多数いらっしゃいますが実際にはそのような縛りはありません。

自己破産というものは複数からの借入、返済能力を超えた借金で苦しんでいる人々を更生させることを目指して作った枠組みです。

自己破産を行ったものにおいて以後の日常の中で不都合を強いられるようなことはなるべくないように整備された制度と言えるでしょう。

ところで自己破産の申立てを実行するには満たしておかなくてはならない決まりがあるのに注意しましょう。

それは何かと言うと未返済金などの債務をどのようにしても返還することが出来ない(債務返済不能状態)になったという司法機関の判定です。

未返済金の額・収入をみて申し立てを行った人が返却出来ない状態だといった風にみなされたのであれば自己破産をすることができるのです。

例を挙げると、自己破産を望む人の全ての借金が100万円の一方で月々の収入が10万円。

その場合には返済がとても困難であり、借金の返済が不能状態だとみなされ自己破産による免責を執り行えるようになっているのです。

その一方では職があるかどうかという事情は手続き上意味がなく自己破産申請は普通に労働しても返却がほぼ不可能である状態にある人が適用の対象になるという取り決めがあり、労働出来る状況である、労働することの出来る状況にあると判断されれば債務の全てが二百万に到達しないという状態であれば、破産の手続が反故にされてしまうということも起こり得るのです。

「かぼちゃの馬車」魔法とけ借金地獄「気が狂いそう」、シェアハウス投資の賃料停止で相談相次ぐ - 弁護士ドットコム より引用

弁護士ドットコム「かぼちゃの馬車」魔法とけ借金地獄「気が狂いそう」、シェアハウス投資の賃料停止で相談相次ぐ弁護士ドットコム問題の経緯はこうだ。スマートデイズは2015年ごろから、「高利回り」を掲げ、主に会社員の顧客を獲得してきた。一括借り上げをする「サブリース」形式で、家賃保証をすることで決まった額の賃料を長期間にわたって払い込むとうたい、営業活動に熱を入れていた。 例えば銀行から1億円借金をして、毎月の返済費が50万 ...and more ≫…(続きを読む)

引用元:「かぼちゃの馬車」魔法とけ借金地獄「気が狂いそう」、シェアハウス投資の賃料停止で相談相次ぐ - 弁護士ドットコム


posted by 清原 at 15:28| 任意整理